Lvshun Kou Area

Lvshun Kou Area, Dalian

Die besten Möglichkeiten, ähnliche Sehenswürdigkeiten zu erleben

Das Gebiet

4.0
31 Bewertungen
Ausgezeichnet
4
Sehr gut
18
Befriedigend
9
Mangelhaft
0
Ungenügend
0

Nob
Chuo, Japan3 Beiträge
旅順「坂の上の雲」の旅
Nov. 2020
司馬遼太郎「坂の上の雲」旅順巡礼。上海からのフライトや大連のホテルは自分で手配しましたが、旅順の日本語ガイドを旅情中国さんに依頼しました。一人でしたが、快く対応頂けました。ホテルまで迎えに来ていただき、車で旅順へ。旅順は中国人にとっては観光地では無いので、日本人しか行かないとのことで、コロナの中旅行客が激減したそうです。そんな中丁寧に案内頂いたガイドの方に感謝です。二百三高地、水師営、東鶏冠山、望台、白玉山と一通りの日露戦争跡地を訪問。残念ながら霧で二百三高地から旅順港は見えませんでしたが、ガイドさんにお願いして晴れたときの景色の写真を送って頂きました。本当に日本人だけの観光地で、私以外観光客はほとんどいませんでした。おかげでゆっくりと見ることができました。二百三高地の日本軍が上った坂が結構きついことも体験できたし、戦争の跡がそのまま残っているので、その厳しさを感じながら、先人たちの偉業に感謝と合掌することができました。(それが旅の目的でした)

旅情中国さんは3回目の利用です。毎回現地のガイドや車だけの手配をお願いしています。確実に対応いただけます。実は1月春節時に旅順旅行をお願いしていたのですが、大連空港に着いてからコロナの影響で観光施設がすべてクローズしたことが判明し、素早く連絡を頂きキャンセルなどの手配をして頂きました。
Verfasst am 18. November 2020
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

anben2015
Präfektur Tokio, Japan1 022 Beiträge
今は開放されている
Mai 2019 • Freunde
20年前は、旅順軍港公園に行く途中で警察に呼び止められて、外国人はこれより先には行けないと言われ引き返しましたが、今は問題ないようです。この旅順口の碑がある付近からは、海軍の船が良く見えます。ただ、数年前に日本人が、ここで写真を撮っていてスパイと疑われていまだに留置されていると聞いていたので、安全のため、中国人の友人に写真を撮ってもらいました。今の中国は監視カメラ台数が半端でなく、顔認証技術により、ほとんどの人を捕まえられるようになっているらしいので、注意した方が良いと思います。
Verfasst am 28. Mai 2019
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

鐘馗さん
Fujinomiya, Japan3 147 Beiträge
旅順の戦跡巡りと旅順ヤマトホテル。。。
Sep. 2018 • Paare
旅順の戦跡巡り(旅順港、旅順駅、東鶏冠山、203高地、水師営会見所)、そして、満鉄関連の旅順ヤマトホテルを観ました。当該ホテルを単独UPできなかったので、記しておきます。旅順を語るにここを抜きではいけません。愛新覚羅溥儀、川島芳子:愛新覚羅顯㺭の結婚、夏目漱石、与謝野鉄幹・晶子夫妻等々、滞在されたホテルであり、歴史の生き証人的建物です。中には入れないが、フェンスに囲まれ、外の風景は、朽ち果てており、最近まで、軍の宿泊所などに使用されていたが、”旅社”という文字が、なぜかもの悲しく,かつての高級ホテルの扱いとしては粗末です。今後、改装保存工事をするそうですが、宿泊できればいいと思う次第です。。
Verfasst am 29. September 2018
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

tensun
Taichung, Taiwan2 037 Beiträge
登高遠望好所在(旅順西砲台堡)
Mai 2018 • Paare
大連旅順口是中國重要的天然軍港之一,也是世界著名的不凍港,戰略位置極為重要,在歷史上是兵家必爭之地,西砲台始建於1900年,是當時沙俄在位於旅順港近距西北2000米處,海拔最高的山上(海拔197米)修建守護軍港後路和控制西線海域的製高點。現西砲台為旅順最具特色的景觀之一,登頂可眺望大海與旅順港全貌。
Verfasst am 23. Juni 2018
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

茶妹小丸子
90 Beiträge
老人ホーム訪問
Mai 2018 • Familie
久しぶりの中国の両親を訪問した。写真は旅順の港。
今回は観光客は恐らく殆ど行かないところを案内されて行きました。
この海は汚染されていないとてもきれいな港でした。
この港の前で現地の友人が海鮮調理をごちそうしてくれました。現地で取れた海鮮です。
这次我去了大连与旅顺。主要目的是去见了好久没有见的爸妈的情况。顺便当地的朋友带我去了旅顺港口与请了我吃饭。
在当地吃过的海鲜是很好吃。
Verfasst am 9. Juni 2018
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

narafuji2
Sakurai, Japan356 Beiträge
初心者がバスで行くのは難しい !!
Mai 2018 • Freunde
ガイドブックに旅順行きのバスが出ているというので乗ってきました、

駅の北側、双兴商品城の前あたりですが、チケット売り場という大きい看板が無い、
小さい小屋みたいな所で売っていた、前まで行かないとわからない、

道路を挟んで、向こう側にバス停があるが、ここも行き先案内板が見当たらないので、バス本体の行き先を確認しなければならない、公交乗合バス5元というのも有るらしい、もちろん時刻表もわからない、ある程度客が集まったら出るのかな、

旅順まで80分位、車窓を眺めながらのんびり行くのも悪くない、
途中、女子学生グループの一人が、バス酔いでもどしてしまった、
友だちがテイッシュをたくさん持っていたので、座席周りを丁寧に拭いていた、
運転手も心得たもので、バケツを持ってきて、ここへ入れろ、というふうだった、
床までも綺麗に何度も拭いていたのには感心した、
中国人もマナーがわかってる人もいるのね

昼食を食べ、旅順博物館をゆっくり見学したら、そこそこ時間が立っていたので、
他は廻らずに帰ることにした、

帰りは旅順バスターミナルからだが、ここも中国語だけなので少し苦労しました。
Verfasst am 29. Mai 2018
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

ランサー
東京360 Beiträge
日露戦争戦地以外でも見どころ多し
Mai 2018 • Allein/Single
旅順といえば、日露戦争戦地巡りが中心となりがちですが、市内にはロシア風木造駅舎の旅順駅や白と黄色のパステルカラーの旧関東軍司令部、旅順博物館など素敵な建築物がたくさんあります。自転車などでのんびりと建築物巡りでもしたいところです。
今回は閉館してしまってて入れなかったが、旅順博物館の大谷コレクションもじっくり見たいものです。
Verfasst am 19. Mai 2018
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

tatatatatata
Tokio, Japan3 621 Beiträge
駅が印象的
Apr. 2018 • Familie
旅順の駅舎は、緑の可愛らしいデザインの屋根が印象的。観光客は、日本人以外かなりすくないようにかんじました。
Verfasst am 1. Mai 2018
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

trip232015
Präfektur Hiroshima , Japan1 083 Beiträge
黄金山景区という広場には多くの博物館があります
Mai 2016 • Allein/Single
明治時代の日清・日露の戦争およびロシア統治時代の舞台となったところだけあって、近代史では避けては通れないところのようです。この時期、数人の中国人風の観光客にも出会いました。緑の多い広場で、芽吹く前の裸木のてっぺんに、カササギ(中国語では「喜鵲」と書き、めでたい鳥として愛でられているそうです)が止まっていました。戦争と平和を感じる広場でした。
Verfasst am 23. April 2017
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

馬場 譲二
Japan140 Beiträge
歴史の舞台。
März 2017 • Paare
旅順には、初めて来ました。司馬遼太郎の原作、坂の上の雲にも、出てくる、歴史の舞台です。
今は、駅のみ、点在ですが、多くの人が、訪れ、今では、ツアーになる程の観光地みたいです。
Verfasst am 19. März 2017
Diese Bewertung ist die subjektive Meinung eines Tripadvisor-Mitgliedes und nicht die von TripAdvisor LLC.

Es werden die Ergebnisse 1 bis 10 von insgesamt 31 angezeigt.
Fehlt etwas oder stimmt etwas nicht?
Bearbeitungen vorschlagen, um zu verbessern, was wir anzeigen.
Diesen Eintrag verbessern
Häufig gestellte Fragen zu Lvshun Kou Area